スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとオドロキ

先日、テレビ東京のWBS(経済ニュース)を見ていたら、
“GLOBAL WATCH”のコーナーで韓国を特集していた。

ソウルの明洞(ミョンドン)でモスバーガーの6号店が開店した。
韓国の一店舗当たりの売上は日本以上で世界一だという。
客の反応も
「日本で有名と聞いてきたが美味しい」とか、
「食材が新鮮で、添加物も入らず、材料も大きめでよい」と上々らしい。

日韓関係があまり良くないと言われている昨今、
江南テヘラン1通りにある98店舗中、23店舗が日本食を占めている。

日本食人気を背景に、
日本食専門のビジネスコンサルタントという職業も出現している。
その理由として、韓国人が経営する日本食レストランが急増しているからだという。
韓国人経営者に人気なのが「いらっしゃいませ」と声をかけること、
いわゆる“お・も・て・な・し”がブレイクしているそうだ。
また、日本のビールも人気があり、
おつまみにも力を入れ他社とも差別化を図っているそうだ。


一方で、ファッションでも日本ブームが…。
それが、ギャルファッション。
日本のギャルファッションにあこがれるサークルを覗くと
DAISO(ダイソー)で購入したツケマ(つけまつげ)を駆使して
日本流メイクを楽しんでいる。
その会員数も約2万人もいるそうだ。
中でも驚いたのが、
1990年代後半に流行した
“ヤマンバ”ギャルのメイクが人気になっているという。
ヤマンバメイクをして日本製のプリクラに直行!!

\(◎o◎)/!

日本から絶滅危惧種となった“ヤマンバ”ギャルが韓国にというのが驚きです。
まぁ、彼女たちにとっては“COOL”と思っているのかな。
個性的ではありますが…、
でもびっくりです。

コーナーの最後、
日本のギャル文化を取り入れる少女たちに「反日ではないのか?」と記者が質問すると、
「反日感情が心の傷として残っている人も多い。しかし、反日をあおるのは少数の政治家です。“文化”と“歴史問題”とは別ものだ。政治的問題とは結びつけずにカワイイものを探すと、日本文化が好きになった。」と答えた。



確かに、外交問題ではいろいろとあるようですが、
“ビジネス”や“文化”の点から良い方向に向かってくれるとよいのですが…。
と切に思ってしまいます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。