スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残念な日本語

海外でたまに見かける、残念な日本語表記がある。
例えば、
◆化粧水パック⇒化粧水パシク
◆よいニオイ⇒よいこオイ
など、ほんの少し惜しい表記だ。
また、商品説明をしようと何とかがんばってみたけれど、
まったく意味不明な言葉になってしまった…というものもある。

そんな一例が以下の写真。

これは以前宿泊したホテルのサービスで提供されていた緑茶パックの裏側の
表側にはちゃんと“Green Tea”と表記してあるのですが、
裏側は“グリンー茶”に。
惜しい!!

これは台北駅“微風台北車站(フードコート)”のとあるお店のメニュー表。
ざんねん
 パッと見、見過ごしてしまいましたが…

ざんねん2
 ナンダコリャ…としばらく考え込んでしまった。

例えば、一番上に記載されている商品“紅燒牛腩拉麵”
      日本語表記は“サーロインの蘭州ラーメン”
帰国後、辞書で調べてみたら、
◆ 紅燒=煮込み、蒸し煮
◆ 牛腩=サーロイン(牛の背中の部分の肉)
◆ 拉麵=ラーメン
これらの言葉から推察すると、
“煮込みサーロイン入りラーメン”といったところでしょうか。
“蘭州”が一体何を意味するのか、わかりませんでした。

2段目のメニュー“清燉牛尾拉麵”
      日本語表記は“蒸されたオックステールヌードル”
これも辞書で調べてみると、
◆ 清燉=煮込み
◆ 牛尾=牛テール(しっぽ)
◆ 拉麵=ラーメン
これらの言葉から推察すると、
“牛テール煮込み入りラーメン”といったところでしょうか。
(上はラーメンと訳しているのに、下が何故ヌードルなのか…)

来店する日本人客のためにがんばって翻訳したと思うのですが、
残念ですが日本人もよくわからない。
非常に申し訳ないなぁ…と思ってしまう。
國語表記と英語表記、写真でなんとなく推察できるので、心配しないでください。


【追伸】
(大陸)中国人の友人曰く
   「日本語の勉強を始めたころは“ツ”と“シ”の区別が難しい。」
これは、日本語の文字の変遷を考えるとわかりやすいのです。
①“漢字”の簡略化⇒“ひらがな”の誕生
 例:安 → あ 
   世 → せ
②“ひらがな”を簡略化⇒“片仮名”の誕生
 例:阿 → ア(阿の左側部分)
   多 → タ(多の上の部分)

1つの国で3種類も表記方法がある国の方が珍しいのかもしれない。
(友人曰く、「どうやって3種類の表記を覚え、使い分けることができるのか、日本人は不思議だ」)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。