スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾で気になったもの

台湾には日本食レストランが数多くあります。

◆ ココイチこと“CoCo壱番屋”
◆ とんかつ知多家(台灣知多家股份有限公司)
◆ モスバーガー(MOS BURGER・摩斯漢堡)
◆ サイゼリヤ(薩莉亞餐飲公司)
◆ 和民(台湾和民餐飲股份有限公司)
◆ 讃岐うどんの“丸亀製麺”
◆ 日本そばの“ゆで太郎”

その他では、
◆ ミスドことMisterDonut(MisterDonut甜甜圏)
◆ パン製造のPasco(Pan Shikishima Company)
◆ 和菓子製造の“柿安 口福堂”
  (三重県発祥の店舗が、こんなところで見られるなんて
などなど、本当にたくさんです。
また、大手企業だけでなく、
個人で台湾に進出している人とおもわれる日本食店舗もあります。

数ある店舗で後ろ髪惹かれた店舗は…
うなぎ
このお店は、長安東路から林森北路にあるスーパーマーケット“頂好超市”に向かう
途中で偶然発見しました。
何故、後ろ髪惹かれたのか…というとメニュー看板です。

メニュー
うな重の値段にビックリ
ちょっと小さいか…拡大します!!

k¥うなぎ
うな重上が420元(約1,500円)!!
台湾にも鰻の養殖があるから…とはいえ、羨ましい。
台湾における日本食としてはこのくらいなのか、
台湾での外食と考えると高級食なのかはわかりません。

日本では、新石器時代から食べられていたと言われる鰻、
“夏バテ防止に鰻を食べる”という習慣は奈良時代にはすでに確立し、
一般の人に食べられるようになったのは、江戸元禄時代以降のこと。

少し前までは、
「夏場の体力増強に鰻でも食べに行こうか。」と気軽に食べに行っていた。
しかし、2~3年前から鰻の稚魚が獲れないということで価格が高騰。
したがって、今や
日本で鰻を食べに行く…となると
予算は最低でも2,000~3,000円、
店舗によっては5,000円くらい

考えないといけない高級食になってしまった。
それがこの価格、日本ではありえないですよね。


今度台湾に行ったら、食べに行こうかなぁ…
真剣に考えてしまいました。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。