スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾珍道中~2日目 その②

2日目の午後の出来事。

ブロ友さんであるBonjourさんと久々の対面です
今回の旅もご案内のお世話になりました。

いくつかの場所をご提案していただいたのですが、
ご案内していただいた場所は基隆(Keelung)市です。
なぜかというと、以下の理由です。
①:台湾のPOP Singerで好酷な羅志祥(Show Luo)くんの出身地として有名なところ
②:歴史上の人物、鄭成功(Zheng Chenggong)に縁がある土地
③:日本の台湾統治時代に軍港や要塞地帯として使われた基隆港がある
④:日本からの観光パッケージツアーでは全く取り上げてくれない場所


台北駅から基隆駅まで、生まれて初めて台湾の在来線(區間車)に乗車しました。
電車
基隆まで乗せてくれた列車です。

列車事情はというと、日本と勝手が異なるのにビックリ!!
それは、車両のドアが開き乗車しようとしたら、高さ15センチほどの段差と車両との隙間もけっこうある。
段差
ステップには上の写真のように
「プラットホームと車両の隙間および段差にお気を付けください」
といったステッカーが貼ってあり注意を促していました。(これは韓国製の車両だそうです)
とはいえ、バリアフリーの観点から、お年寄りや足の不自由な方にとってはキツイだろうなぁと思ってしまう。


のんびりとした在来線の旅です。
今までMRT(地下鉄)しか乗車したことがなかった。新北(Xinbei)市の淡水(Danshui)に行く列車は途中地上を走るのですが、基本的には無機質な地下を走行する。
しかし、在来線は風景がどんどん変わります。山を越えていくため、自然が広がっていきます。
約50分くらいだったでしょうか、風景に見とれているうちに基隆駅に到着しました。

minato
大きな港です。いろんな船舶が停泊しています。
写真には入りきらなかったのですが、日本の沖縄に行くフェリーが停泊していました。
(日本に最も近い港なのだ。)

軍艦
さすが軍港でもあるので、軍艦も停泊しています。
生まれて初めて見たのですがとても大きい。

港
右手には海運に関する会社や施設が立ち並んでいます。

yama
港を望む左側には山が迫っています。

ki-runn
港を振り返ってみると、ビルが立ち並ぶ街並みです。

さぁ、この町を散策しますが、どのようになるのでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。