スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後になるのかなぁ

昨日、お墓参りに行ってまいりました。
4月に行った、母方の祖父母のものです。

母方の祖父母の墓守については、
(子供達の居住は三重や東京と、地理的に年中お参りが出来ないため)
平素は祖父の実家のご当主の方がお世話をしてくださっていました。

しかし先日、ご当主の方が大往生なさりました。
さらに、東京在住の伯父が高齢のため、千葉に住む従姉と同居することに。
その伯父から電話があり、
「ご当主の代わりに墓守をしたいので、9月末に祖父母のお墓を千葉に移動したいが、よいか。」と。


家族で話し合いました。
千葉のお墓はかなり不便なところ。
両親も高齢です。
義兄が「みんなでそろって、お墓参りに行こう。運転するよ。」と言ってくれました。


朝8時に出発、両親の体調を伺いつつ到着。
家を出たときは曇り空で今にも雨が降りそうだったのに、
「暑い…」とおもうほど、晴れ間が広がりました。

お墓をきれいに掃除、ぞうきんがけも行いました。
お線香とお花を手向けました。
何もない、本当に田舎です。
しかし、これでこの場所に来ることもなくなる…
と思うと、なんだか寂しい気持ちになりました。


帰り道。
母が、
「あぁ、この道も通ることがなくなるんだね。空襲の時は、赤ん坊だった叔父を乳母車にのせて必死に走ったなぁ。」とポソリとつぶやきました。
母にとっては、第2の故郷でもあった土地です。

その後、明るく振舞っていましたが、
私にはこのような場所もないので、うまく説明できませんが…。
とても複雑な気持ちだったと思います。

と同時に、
母を大切にしなければ…と思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。